KOTOKO

あおんだ日曜日にちようびあさ
 
おはようなにをしようか
 
窓辺まどべはなかせてみよう
 
すぐにふく着替きがえて
 
まった腕時計うでどけい文字もじ
 
こころすこ戸惑とまど
 
それはもういないきみわすもの
 
さがきみ姿すがたかぶ
 
 
きみこえきたくてとった受話器じゅわき
 
でもいまはまだつなげないね
 
だってきみとの約束やくそくたしていない
 
「もっとしあわせになる」
 
 
このそらこうにいるきみ
 
おなうたおもしているね
 
いかけて見上みあげる一瞬いっしゅん
 
けっしてそう一人ひとりじゃない
 
ゆめがあった
 
 
おこることもわらうことも
 
上手じょうずじゃないわたしだったね
 
あさいきでいつもんでいたの
 
しがみついているなにかを
 
 
まってきじゃくったあの
 
あれはきみむねなか
 
そのなみだれてがついた
 
ひとはちゃんとわれるんだと
 
 
自転車じてんしゃってかよう
 
あの腕時計うでどけいとききざんでる
 
いまきみじぬようにがんばろう
 
「もっとおおきなあいを」
 
おだやかにくもながれている
 
すこしだけかるくなったこころ
 
ひろそらこのねがかべて
 
きみとどくように
 
かぜつよ
 
 
おな瞬間しゅんかんおなそらした
 
わらってるそんな日々ひびがいいな
 
辿たどきみゆめ未来みらい
 
けっしてそう一人ひとりじゃない
 
あいがあるよ